まずは「空気」を感じるべし

まずは「空気」を感じるべし

もちろんこれだけ注目を集めている街コンですから、これに参加するというだけでもかなりワクワク感が大きいはずですが、しかし実際街コンに参加してからでないと、実質的なワクワク感を楽しむことができないのは当然のことです。

 

 

 

おそらく一番ワクワク感を覚える瞬間というのは、お店の席で異性を待っていて、その「獲物」が目の前に着席した瞬間でしょう。しかし、そのワクワク感から、「普通はそういうことは言わない」という、ある意味タブー発言をしてしまうケースは意外と多いようです。

 

 

 

たとえば、男性が女性を待っているケースで、自分たちよりもちょっと年上の女性が着席した場合、何か話を切り出さなければと焦りが募り、苦し紛れに「おいくつですか?」などと質問してしまって、一気にその場が凍りついてしまったという失敗談をよく耳にしますが、街コンという場所は、そうしたタブーがついつい口をついて出てしまいやすい場でもあるのです。

 

 

 

それだけ高揚感が大きいことの表れでもあるのでしょうが、やはり、その場の空気をしっかりと感じ取らないと、すぐに相手に逃げられてしまう原因となりえますので、そこだけは重々注意が必要です。

 

 

 

昔からの言いならわしに、「口は災いのもと」などというものがありましたが、街コンに参加する際には、そのワクワク感、高揚感によって己を失わないように、この言葉をしっかりとかみしめて参加するようにしてください。

 

 

 

冗談のような話に聞こえるかもしれないけれど、これ、けっこうホンキですよ・・・