「県民性」を街コンに応用する!?

「県民性」を街コンに応用する!?

和歌山県の男性は「一目惚れしやすい」などという話をどこかで目にしたことがありますが、県民性を考慮してこれを街コンに生かそうではないかという考え方も、なかなかおもしろいと思います。

 

 

 

宇都宮が発祥とされるだけあって、やはり関東近辺では他地域に先んじて街コンのブームが広まった印象も強いですが、関東の人がどんな女性をターゲットにすればよいかを、その「県民性」を重視して考察すると、「千葉県」と「埼玉県」の女性が狙い目なのだとか・・・

 

 

 

もちろん千葉県と埼玉県の女性であればだれでもオッケーなわけではありませんが、では何を根拠にそんなことが導かれるのかというと、この両県の女性は、男性からのオシには弱いという「県民性」が作用しているため、たとえ街コンという場であっても、あまり相手の好みにとらわれず、相手の熱意に屈してしまうケースが多いのだそうです。

 

 

 

ホンマかいな?と、思わず疑ってしまいそうですが、これはなんでも、「関東」という地域性が大きくかかわっているのだとか・・・というのも、千葉も埼玉も、東京に近い関係で発展している大都市が多い県ですが、半面まだまだ自然を多く残している「田舎」の印象も少なからずあります。

 

船橋 居酒屋 個室 団欒

 

自分たちは都会に住んでいる者の、東京に比べると田舎者であるという負い目が、本能的に「オシ」に屈するように作用するのだそうで、まあ正直、そのあたりのメカニズムはよくわかりませんが、千葉と埼玉の女性は落としやすいかもしれないことを記憶の片隅にとどめておいてもいいかもしれませんね。